2013年09月03日

利益が出ているのに、なぜお金がないのか(1)


-----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

開業支援サービス始めました!

新規開業をお考えの方は

こちらをご覧ください。


-----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*


利益が出ているのに、なぜお金がないのか(1)


名古屋の税理士の大矢芳敬です。


お金がないのに、税理士は

「利益がでています。」「税金が出ます。」と言う。

なぜ、お金がないのに利益が出ている、

なんてことが起こるのか、納得できない。


と思っている方もいらっしゃると思います。


いくつかその要因はありますが、

今回はその中のひとつをご説明します。


それは、「棚卸資産が増えている」ということです。


もともと現金が100万円あったとします。

仕入れ価格1個1万円の商品を、

100個現金で買いました。

そのうちの1個を、1万5000円で売り、

現金を受け取りました。


さて、現金はどうなったかと言うと、

100万円あったはずのものが、

1万5000円に目減りしてしまいました。


だって、100万円分の商品を仕入れ、

100万円現金を払ってしまったので、

お金は一旦ゼロとなりました。

1個商品が売れたので、

1万5000円の現金が手に入りましたが、

現金はそれだけです。大赤字です。

でも、会計の世界では、

これを大赤字とは言いません。


なぜなら、

1万5000円の売り上げに対応する経費は、

100万円ではなく、1万円(原価と言います)


と考えるからです。

売れた商品に限って言えば、

1万円で仕入れて1万5000円で売っています。

そうですよね。

だから、5000円儲かっていると考えるのです。


残りの商品99万円分は、まだ在庫として残っています。

これは、利益でもなく、損失でもありません。



1年間の取引がこれだけであれば、

5000円の利益が出ているのに、

現金は100万円あったものが1万5000円になってしまっています。

現金は、98万5000円減ってしまいました。

しかし、棚卸資産(商品)は、

もともとなかったのに、99万円残っています。

つまり、お金が98万5000円減少し、

棚卸資産が99万円増加したのです。


だから、利益が5000円出ているのです。

分かったような、分からないような・・・。


なんとなく、分かったような気になってもらえましたでしょうか。


次回は、違う要因についてお話します。


大矢芳敬

励みになりますので、クリックお願いします!
blogmura.gif blogranking.gif
この記事へのコメント
面白いから読んでるだけ(笑)だけど……
自分の生活とは関係無いと思われることを刺激として頭に入れることは大事だと思うので、またアップデート頑張って下さい。
Posted by 森島定範 at 2013年09月09日 13:50
こんにちは
國松です。
まず、宴会はやはり延期になりました。
ごめんなさい。
いいね!を、押しましたがフェイスブックやってないでした。
Posted by 國松直樹 at 2013年09月10日 16:22
森島さん、國松さん、ありがとう。
國松さん、宴会の件、了解です。
Posted by 大矢芳敬 at 2013年09月10日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: